なぜ家計管理なの?

なぜ私が家計管理をお仕事にしているのか。

単純にデータ集めたり、分析したりが好きなんですけどね(笑)

結婚当初、家計簿はつけていなくて、やたらと節約していました。
どのくらいのお金が入って、どのくらいのお金が出ていっているのか、全くわからなかったので。
そうなると使うのが怖くなります。
生活費なくなったら困るもんね。
しかも出産だって控えてる。

そんな感じで妊娠中暇だったのもあり、家計簿をエクセルで自作。
独自の家計管理を始めました。
まだ夫婦2人、古いアパートで細々とした生活。
私もつわりでまともに遊びに出歩くこともできない。
黒字の家計でした。旅行しても痛くも痒くもない。
もっと遊べばよかった…と思う(笑)

おかげでむやみやたらにとしていた節約はやらなくなり、家計管理から安心感を得ることができました。
クレジットカードを使うことも管理をしっかりすることで恐怖感はなくなり、よりお得にお金を使えるようにもなりました。

家計管理がなぜ必要かというと、この安心感が一番重要だと思っています。
家計コンサルのお客様にも「安心しました」とホッとしていただけることも少なくありません。

家計のことがわからないだけで出てくる不安を解消するというのは必要なことだと思います。
毎日毎日、不安になりながらお金を使いたいですか?
旅行代も本当はあるのに我慢していたとしたらどうですか?

反対にいくら仕事を頑張っても貯金が増えない。どうやら赤字っぽい。
その原因を放置していて良いのですか?
原因を見つけるのは簡単です。
家計と向き合えば良いのです。

家計コンサルのお客様の中でも、赤字だから仕事を増やそうと思っていたけれど、○○円くらい減ったとしても、今の生活と貯蓄は維持できることがわかり、仕事の時間を減らすことができたという方もいらっしゃいました。

わからないままだったら、そんなこと怖くてできなかったでしょう。
もちろんお金はあればあるほど良いと言えばよいです。
でもそれを稼ぐ手段が体力的、精神的につらいものだったとしたら?

私のお客様はほぼ小さなお子さんをもつママさんです。
子どもとの時間も欲しい、と願うママは少なくありません。

そんなことも現実にすることができるのです。
家計管理って大事。

家計管理する暇がない、数字を見るのが苦手というのならば、得意な私にお任せください。
家計を見られるのが恥ずかしいと仰る方がよくいらっしゃいますが、私は家計というよりデータという見方をしているので、感覚的にはちょっと違うんですよね。
どんぶり勘定を見られるのが恥ずかしいという方もいらっしゃいますが、むしろそのデータを集めて整理するのが好きでもあります(笑)

家計オタクと言っても良いかもしれません。
ま、そんな感じで好きなことを仕事にしていますので、家計が気になる方はいつでもご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA